FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇薬小説No.1「獣儀式」よい子は読んじゃダメ、ゼッタイ

獣儀式 このエントリはグロいので、苦手な人は避けるが吉。「これはひどい」がピッタリの逸品を、ご紹介。

 「鬼たちが冥土から溢れてこの世界に出現して以来、はや一ヶ月になる」から始まる、読む地獄。人間なんて、糞袋。まさに劇物。まさに毒書。バカバカしさを暴力エロスでねじ伏せる、奇書というより狂書

 こんなにエロくてグロくて血みどろで、腐肉とウジ虫たっぷりの、酸っぱい胃液と激しい勃起に悩まされたやつは、初めて。オススメいただいたantipopさん、nananasuさん、ありがとうございます。

 いろいろ読んできたつもりだけれど、これほど鬼畜劣情な小説は、ない。スプラッター小説なら、クライヴ・バーカー「血の本」シリーズや、綾辻行人「殺人鬼」でおなかいっぱいだよー、と思っていたが、本書はゆうゆうとK点を超えて臓腑に刺さる。

 じゃぁどんな話なのかというと―― かいつまむより次を読んでくれ。あ、苦手な人は読まないほうが吉。

怪鳥めいた叫びが、口から洩れた。
だが洋子の耳には、自分の悲鳴も聞こえなかった。激痛に、意識が遠のいていた。
徒労にも全身を踏んばってしまう。そのせいで顔が上向いた。口と目が、大きく開いた。
腰が杭を飲み込む動きを見せた。猟鬼が両足首をひっぱり、その動きを加速する。洋子は反射的に括約筋を絞めていた。それがいっそうの激痛をもたらした。
括約筋もすぐに裂け、使い物にならなくなった。体重のせいで杭が突き入る自然な動きに、身をゆだねるのみ。杭の侵入に合わせて鈍痛が体内を揺する。
ブツン、ブツンという異様な震動がこみあげてくる。
「あは、あはは」
痙攣的な笑いだった。内臓の破れる反動で笑いの声質が微妙に変化する。杭を飲みこむようすを、洋子は全身でばかりなく、声でまで表現しているのだ。



 ええと、何されてるのかというと、地面から突きでた、とがった杭の上に、洋子さんが肛門から串刺しにされているのだ。もちろん若い女の体重じゃちゃんと入らないから、鬼が、彼女の両足をつかんで引き下ろす。洋子さんは既に発狂しているので、「肛門ではなく膣口に刺して」と腰をグラインドさせるが叶わず、残念無念。

 んで、うまい具合に、肛門→直腸→横隔膜→咽喉、と順々につき破って、最後は口から先端が出てくる。「ブツン、ブツン」は、横隔膜の破れる音なんだって(ちと古いが、映画「食人族」のアレね)。「食人族」と違うのは、一本に一人ではなく、先端が出てきたら、その上に次の人を肛門から… を繰り返しているところ。

 さらに、さっきまで洋子さんとヤりまくっていた彼を通り抜けた杭の上に彼女がまたがっている。だから、彼の死に際は壮烈な眺めだよ。なんせ自分の口から突き出た杭に彼女の肛門が迫ってくるわけなんだから。そして、彼女の内臓液を口いっぱい頬張りながら絶命していくわけだから。もちろん彼の「下の人」もいるにはいるが、ずいぶん前なので、ぐじゃぐじゃのデロデロに腐った人塊てんこもりになっている。

 うわーすごーい。こんなんで喜ぶ奴ぁ狂ってるね!と断言できるステキ度満開。

 こ れ が 序 の 口 。

 乱歩、澁澤、サド、筒井と、ジョージ・ロメロとダリオ・アルジェントの作品をこねくり回し・突き混ぜて、出てきた赤黒い何かを煮込んだものを飲み込む感覚。世界設定と不条理さは、筒井「死にかた」そっくり。しかし、本書のほうが読者を気分悪くさせようとするサービス精神(?)旺盛なので、よりオエッて気分を口一杯に味わえるよ!(筒井のような"サゲ"を求めるなかれ)

 というわけで、劇薬小説No.1は「獣儀式」の「狂鬼降臨」にけってーい(voice:夢原のぞみ)。ランキングに変動あり、精神的にヤヴァいものから、胃の腑にグッとくるものまで揃ってきた。
  1. 狂鬼降臨(友成純一) 所収:「獣儀式
  2. 児童性愛者(ヤコブ・ビリング)
  3. 隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  4. 城の中のイギリス人(マンディアルグ)
  5. 骨餓身峠死人葛(野坂昭如)
  6. 獣舎のスキャット(皆川博子) 所収:「悦楽園」
  7. 暗い森の少女(ジョン・ソール)
  8. ぼくはお城の王様だ(スーザン・ヒル)
  9. 目玉の話(バタイユ)
  10. きみとぼくの壊れた世界(西尾維新)
 このランキングは[劇薬小説を探せ]が元ネタ。「はてな」で質問して、教えていただいたオススメを次々と毒書する企画。最初のわたしのワーストランキングが、みなさんのおかげでどんどん塗り変えられていくのが嬉しい。はてなの住民は、なんつー恐ろしい本を読んでいるんだ…

 「感動する」「爽やかな」「泣ける」小説なんて、クソくらえ。ヌルさに飽いたら、毒成分の高いやつを摂取しよう、ただし、ジコセキニンでね。このランキングは猛毒の類なので、避け本リストとして利用するのもいいかも。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dain5

Author:Dain5
スゴ本より成人向のキッツいのを。
いいのがあったらご教授を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。