FC2ブログ

こんな死に方は嫌だ『人の殺され方』

人の殺され方 日々に追われると、自分が死ぬ存在であることを忘れる。メメント・モリの実践。

 わたしは死ぬ、なぜなら、生きているから。どんな死に方になるのか楽しみだが、「こんな死に方は嫌だ」と心底・痛切に思うのが、「人の殺され方」。

 人は、列車に轢断されたり、ナイフで一突きされたり、散弾銃で撃たれたり、首を吊ったり、溺れたりと、さまざまなことが原因で死ぬ。これらの死に様は、轢死、失血死、縊死、溺死と呼ばれる。それぞれの現場を写したビジュアルは強烈だ。酸っぱいものを飲みこみ飲みこみ読むうちに、死亡の究極の原因が見えてくる。それは、「窒息」、すなわち細胞が新鮮な酸素をもらえなくなることだ。そのプロセスは多々あれど、結局は窒息なのだ。

 具体的に「見える」のもありがたい。「孤独死2週間目」「全身を強く打って」「頭を強く打って」「人身事故で」「線路内立ち入り」「メッタ刺しで」といったオブラートを剥がしてくれる。それぞれの事例の写真やイラストが添えられており、身体がどのように損傷したのか、どういう方向からエネルギーが加わったのかが、よく見える。最初は「なんだ、カラーじゃないのか」と不満たらたらだったが、読み進むごとに、ページを繰るのに勇気が必要になってくる。

 たとえば、散弾銃の威力をあますところなく伝えている一枚がある。2003年兵庫県の事件で、散弾銃を持った男が警官4名に向けて発砲し、2名が被弾したそうな。男は直後銃口を口に含んで自殺したのだが、その写真。頭部はそのままなのに顔面だけが完全に吹き飛んでいる。説明は、「その容貌はまるでグチャグチャに踏み潰したトマトにカツラをかぶせたようだ」とある。白黒の写真でホントによかった…

 あるいは、独り息を引き取ったまま、数週間放置された写真がある。腐敗ガスにより全身が膨張し、パンパンにふくれあがった巨人のようだ。このとき、泡状になった内臓により横隔膜が持ち上がり、肺が圧迫された状態になっているという。結果、眼が飛び出し、舌が膨れあがり、鼻と口から液体がにじみ出る。同時に糞尿も押し出され、体内の細菌や外来菌とともに腐乱パーティが始まる。白黒の写真でもインパクト大なり。

 どのような絶命バリエーションがあるかは、以下の目次から想像してほしい。

  第1章 死とは 脳細胞の死。死んでから
  第2章 窒息死 首吊り、絞殺など
  第3章 溺死 原因とプロセス
  第4章 毒殺 青酸カリ、フグ毒など
  第5章 刺殺・斬殺 その特徴
  第6章 焼死 犯罪と火。火傷
  第7章 感電死 感電による現象
  第8章 銃殺・爆殺 銃器と弾丸
  第9章 交通事故 その悲惨な実際
  第10章 虐待死 乳幼児への様々な虐待

死体のある風景 死ぬのは一回きりなのに、その形は実にたくさんある。読めば読むほど、「病死」や「大往生」のハードルが、どんどん上がっていくことを請け合う。穏やかに考えるなら、死を忘れないための3冊、キツく眺めるなら、「デス・パフォーマンス」か、「死体のある風景」を振り返ろう。

 死を忘れないために。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Dain5

Author:Dain5
スゴ本より成人向のキッツいのを。
いいのがあったらご教授を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR