FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇薬小説No.1「獣儀式」よい子は読んじゃダメ、ゼッタイ

獣儀式 このエントリはグロいので、苦手な人は避けるが吉。「これはひどい」がピッタリの逸品を、ご紹介。

 「鬼たちが冥土から溢れてこの世界に出現して以来、はや一ヶ月になる」から始まる、読む地獄。人間なんて、糞袋。まさに劇物。まさに毒書。バカバカしさを暴力エロスでねじ伏せる、奇書というより狂書

 こんなにエロくてグロくて血みどろで、腐肉とウジ虫たっぷりの、酸っぱい胃液と激しい勃起に悩まされたやつは、初めて。オススメいただいたantipopさん、nananasuさん、ありがとうございます。

 いろいろ読んできたつもりだけれど、これほど鬼畜劣情な小説は、ない。スプラッター小説なら、クライヴ・バーカー「血の本」シリーズや、綾辻行人「殺人鬼」でおなかいっぱいだよー、と思っていたが、本書はゆうゆうとK点を超えて臓腑に刺さる。

 じゃぁどんな話なのかというと―― かいつまむより次を読んでくれ。あ、苦手な人は読まないほうが吉。

怪鳥めいた叫びが、口から洩れた。
だが洋子の耳には、自分の悲鳴も聞こえなかった。激痛に、意識が遠のいていた。
徒労にも全身を踏んばってしまう。そのせいで顔が上向いた。口と目が、大きく開いた。
腰が杭を飲み込む動きを見せた。猟鬼が両足首をひっぱり、その動きを加速する。洋子は反射的に括約筋を絞めていた。それがいっそうの激痛をもたらした。
括約筋もすぐに裂け、使い物にならなくなった。体重のせいで杭が突き入る自然な動きに、身をゆだねるのみ。杭の侵入に合わせて鈍痛が体内を揺する。
ブツン、ブツンという異様な震動がこみあげてくる。
「あは、あはは」
痙攣的な笑いだった。内臓の破れる反動で笑いの声質が微妙に変化する。杭を飲みこむようすを、洋子は全身でばかりなく、声でまで表現しているのだ。



 ええと、何されてるのかというと、地面から突きでた、とがった杭の上に、洋子さんが肛門から串刺しにされているのだ。もちろん若い女の体重じゃちゃんと入らないから、鬼が、彼女の両足をつかんで引き下ろす。洋子さんは既に発狂しているので、「肛門ではなく膣口に刺して」と腰をグラインドさせるが叶わず、残念無念。

 んで、うまい具合に、肛門→直腸→横隔膜→咽喉、と順々につき破って、最後は口から先端が出てくる。「ブツン、ブツン」は、横隔膜の破れる音なんだって(ちと古いが、映画「食人族」のアレね)。「食人族」と違うのは、一本に一人ではなく、先端が出てきたら、その上に次の人を肛門から… を繰り返しているところ。

 さらに、さっきまで洋子さんとヤりまくっていた彼を通り抜けた杭の上に彼女がまたがっている。だから、彼の死に際は壮烈な眺めだよ。なんせ自分の口から突き出た杭に彼女の肛門が迫ってくるわけなんだから。そして、彼女の内臓液を口いっぱい頬張りながら絶命していくわけだから。もちろん彼の「下の人」もいるにはいるが、ずいぶん前なので、ぐじゃぐじゃのデロデロに腐った人塊てんこもりになっている。

 うわーすごーい。こんなんで喜ぶ奴ぁ狂ってるね!と断言できるステキ度満開。

 こ れ が 序 の 口 。

 乱歩、澁澤、サド、筒井と、ジョージ・ロメロとダリオ・アルジェントの作品をこねくり回し・突き混ぜて、出てきた赤黒い何かを煮込んだものを飲み込む感覚。世界設定と不条理さは、筒井「死にかた」そっくり。しかし、本書のほうが読者を気分悪くさせようとするサービス精神(?)旺盛なので、よりオエッて気分を口一杯に味わえるよ!(筒井のような"サゲ"を求めるなかれ)

 というわけで、劇薬小説No.1は「獣儀式」の「狂鬼降臨」にけってーい(voice:夢原のぞみ)。ランキングに変動あり、精神的にヤヴァいものから、胃の腑にグッとくるものまで揃ってきた。
  1. 狂鬼降臨(友成純一) 所収:「獣儀式
  2. 児童性愛者(ヤコブ・ビリング)
  3. 隣の家の少女(ジャック・ケッチャム)
  4. 城の中のイギリス人(マンディアルグ)
  5. 骨餓身峠死人葛(野坂昭如)
  6. 獣舎のスキャット(皆川博子) 所収:「悦楽園」
  7. 暗い森の少女(ジョン・ソール)
  8. ぼくはお城の王様だ(スーザン・ヒル)
  9. 目玉の話(バタイユ)
  10. きみとぼくの壊れた世界(西尾維新)
 このランキングは[劇薬小説を探せ]が元ネタ。「はてな」で質問して、教えていただいたオススメを次々と毒書する企画。最初のわたしのワーストランキングが、みなさんのおかげでどんどん塗り変えられていくのが嬉しい。はてなの住民は、なんつー恐ろしい本を読んでいるんだ…

 「感動する」「爽やかな」「泣ける」小説なんて、クソくらえ。ヌルさに飽いたら、毒成分の高いやつを摂取しよう、ただし、ジコセキニンでね。このランキングは猛毒の類なので、避け本リストとして利用するのもいいかも。

【劇薬指定】 隣の家の少女

 読むと気分が悪くなるので、覚悟完了の上でどうぞ。成人限定。

隣の家の少女 「泣ける」「心温まる」なんて糞くらえ。「感動する」ために読む本の薄いこと薄いこと。感動オナニーの需要をあてこんだ、感動をバーゲンセールする新刊を消費してる人には、凶器になる一冊。そういう連中は、たとえ興味本位でも、読んではいけない。読み手の心を傷つけ、読んだことを後悔させる劇薬小説なのだから。

 自分の肉体を強烈に自覚するてっとり早い方法は、そのナイフで裂いてみることだ。傷つき、血があふれ、痛みを感じたところからが「自分」だ。同様に、心がどこにあるか知りたいならば、「隣の家の少女」を読めばいい。痛みとともに強烈な感情――吐き気や罪悪感、あるいは汚されたという感覚だろうが、ひょっとすると、"気持ちよさ"かもしれぬ――を生じたところが、あなたの「心」だ。

 小説のあらすじは単純だ。主人公は思春期の少年。その隣家に、美しい姉妹が引っ越してくるところから始まる。歳も近いことから、姉のほうに淡い恋心を抱きはじめるのだが――実は彼女は、いわれのな虐待を受けていたのだ、という話。少年は目撃者となるのだが、「まだ」子ども故に傍観者でいるしかない。しかし、「もう」おとな故に彼女が受ける仕打ちに反応する。

 その反応は、罪悪感を伴うものかもしれない。「いいぞもっとやれ」なんて口が裂けてもいえない。「読むのが嫌になった」「恐ろしくなって頁がめくれない」が"正常な"反応だろう。だが、背徳感を覚え始めたところが、彼の、そして読者の心のありかだ。そして、その感覚に苛まれながら、生きていかなければならなくなる。

 読書が登場人物との体験を共有する行為なら、その「追体験」は原体験レベルまで沁み渡る。地下室のシーンでは読みながら嘔吐した。その一方で激しく勃起していた。陰惨な現場を目の当たりにしながら、見ること以外何もできない"少年"と、まさにその描写を読みながらも、読むこと以外何もできない"わたし"がシンクロする。見る(読む)ことが暴力で、見る(読む)ことそのものがレイプだと実感できる。この作品を一言で表すなら「読むレイプ」

 見ることにより取り返しのつかない自分になってしまう。文字通り「もうあの日に戻れない」。

 しかし既に読んで(見て)しまった。それどころか、出会いそのものを忌むべき記憶として留めておかなければならない。わたしたちは、読むことでしか物語を追えない。作者はそれを承知の上で、読むことを強要し、読む行為により取り返しのつかない体験を味わわせる。ここが毒であり、「最悪の読後感」である所以。

 さらに、これは終わらない。酷い小説を読んで気分が悪くなった。でも本を閉じたらおしまいで、現実に戻れる――?ちょっと待て。現実のほうが酷いんじゃないのか?だいたいこの小説も、実際に起きたバニシェフスキー事件を元に書かれたという。本作のネタバレになるが、「インディアナ 少女虐待事件」と「隣の家の少女」が参考になる。ゲームが高じて陰惨な"いじめ"と化し、陵辱がどんどんヒートアップしてゆき、最後には……という話は、恐ろしいことに、珍しいことではない。そうした事件を新聞やテレビで目にするたびに、読み手は、自分が抱いてしまった感情に苛まれることになるだろう。

 最近、この小説のタイトルでの来訪者が多いので、調べてみたら、映画が公開されるそうな……ジャック・ケッチャムを絶賛するなんて、頭イカレてるとしか思えないし、映画を好きこのんで観るような輩は狂ってるとしか思えない。

The_girl_next_door_poster_01_2

 わたし?もちろん行くよ、エチケット袋を持参してね。

【18禁】スゴ本+劇薬小説「城の中のイギリス人」

Sirononakano 久しぶりに趣味全開で書く、お子さま厳禁。ポルノは読んできたつもりだが、これこそ、最高の、ポルノグラフィ(断言)。

 「できるだけ残酷で、破廉恥で、エロティックな物語を書きたい」というのが作者の意図なんだが、見事に成功している。インパク度はメガストア級か、同人レベル。マンガなら氏賀Y太かね。

 例えば、生きのいいタコがうじゃうじゃ蠢く水槽に少女(13歳処女)を投げ込んで、体中に貼り付かせる。タコとスミまみれの彼女(顔にもタコべったり)を犯す→鮮血とスミと白い肌のコントラスト。その後、ブルドックに獣姦。犬のペニスは根元が膨張するので、ムリに抜くと穴が裂けるんだが、ちゃんと再現してる。ぜんぶ終わったらカニの餌。

 あるいは、氷でできたペニス(長さ39cm、亀頭周囲25cm)を肛門にねじ込む。この描写がイイ、感動的ですらある。暖かい臭いを感じた素晴らしいシーン。

肛門と割れ目の窪みに油をそそいでから、私は潤滑油でしとどに濡れた人差指を近づけた。するとなんたる不思議であろう、今度は氷塊ではなく、人間の肉が近づいてきたことを察したのか、薔薇の花はただちに拡がり、口のように開き、指の圧力にたちまち屈したのである。いや、というよりもむしろ、私の指をくわえこんだのである。


 食糞飲尿あたりまえ、悪趣味、倒錯、陵辱、苦痛、加虐性欲の極限。大切なものをいちばん残忍なやり方で破壊する(ラストの"実験"はマジ吐いた)。性の饗宴というよりも、むしろ性の狂宴。正直、そこまでせにゃちんこ立たないなんて、異常!→しかし、この「異常性欲」は城の主にとってみれば最高の美辞。

 鋭利なカミソリで皮脂まで切られ、果物のようにクルリと皮を剥かれた顔を眺めながら、女は濡れるし、男は立つ。吐きながら屹立してることは否定しようがない。城の主のセリフが刺さる。

 「エロスは黒い神なのです」

──────────────────────────────────

cyclolithさんへ私信 : 自信を持ってオススメできる劇薬小説です。素敵度は「隣の家の少女」に匹敵します。ぜひお試しあれ(あるいは、もうご存知かも)

ともさんへ私信 : 手を出しかねてたのが、ともさんの[レビュー]に推されて読みました。ありがとうございます、こんなスゴい劇薬小説を紹介していただいて。おかげで、[劇薬小説コレクション]に新たな逸品が加わりました。

物本のガイキチ「モナ・リーザ泥棒」【劇薬注意】

 ぬるい本などごめんだ、という方への劇薬小説。

 プロットも描写もオチも想定内で、自分の世界を確認するような読書はいらぬ。頭ガツンとさせられるような期待を込めてページを繰るのだから。フランツ・カフカがいいこと言っている。

要するに私は、読者である我々を大いに刺激するような書物だけを読むべきだと思うのだ。我々の読んでいる本が、頭をぶん殴られたときのように我々を揺り動かし目覚めさせるものでないとしたら、一体全体、何でそんなものをわざわざ読む必要があるというのか?


 そういう期待が行き過ぎると、劇薬小説というジャンルに手を伸ばす。これまでの戦果(戦禍?)は、[劇薬小説レビュー集][劇薬マンガレビュー集]にまとめた。文字通り、読んだことを後悔するほど感情・感覚・感性を、激しく揺さぶる作品ばかりだ。純度100%の恐怖の味や、自分の真ッ黒さを思い知らされる凶悪な奴ばかりで、若い人がうっかり読むと、トラウマ化して残りの人生につきまとうのでご注意を。異論・反論は大募集で、その際カウンターとなる劇薬書を教えて欲しい。

 その後、キッツいのをいくつか読んできたのだが、更新をサボっていたら、良いのを教えてもらう。趣味が微妙に似て異なるので、マイ劇薬リストを強化するのにとても役立つ。三柴ゆよしさん、ありがとうございます!「読むとわりと本気で世界が変わる」という殺し文句に痺れました。
  • P.ハイスミス「世界の終わりの物語」
  • J.コシンスキ「ペインティッド・バード」(旧訳「異端の鳥」)
  • ソニー ラブ・タンシ「一つ半の生命」
  • ブノワ・デュトゥールトゥル「幼女と煙草」
  • マルキ・ド・サド「ソドムの百二十日」
  • 中勘助「犬」
Photo_2 そんな方が「これまで読んだ小説のなかでも十指に入る劇薬。四の五の言わずに読むべし」と断定する、ゲオルク・ハイム「モナ・リーザ泥棒」を読んだ……ああ~これはひどいワきっついワ、正真正銘キ○ガイや。子ども同士の頭をシンバルのように打ちあわせて脳漿まみれになる話や、腐乱死体の解剖を詳細に記述する様や、逃げ場のない船上で擬人化されたペストに追い回されるネタなど、たっぷり愉しむ。

 なかでも表題作の「モナ・リーザ泥棒」は、凶人の狂気に狂喜する。キ○ガイを外から眺める仕様は、(自分が安全でいる限り)なかなか楽しいもの。でも見つかったら…という怖さもつきまとう、モナ・リーザ越しに「見られている」感覚。

 ただこの臭い、もっと強烈なやつがありますぜ旦那、筒井康隆「問題外科」なんていかが。狂気+笑いという笑えない組み合わせをとことん突き詰めると、真っ黒な笑い声が自分の腹から出てくる。最凶(最狂?)なのは、ヴィットコップ「ネクロフィリア」だ。リミッターカットした読書をお約束しよう。

ネクロフィリア ここで描かれるのは「愛」。ただし屍を愛する男の話。彼は屍体にしか性的興奮を覚えず、葬儀に列席しては墓地に通い、屍体を掘り出してきては愛する…その形が分からなくなるまで。日記体で淡々と描かれる"非"日常は、すべて屍体の話題ばかり。どうやって愛して、どんな匂いを放ちつつ、どのように崩れていくかが、観察日記のように綴られている。描写のひとつひとつは強い喚起力に満ちており、読めば酸っぱいモノが込み上げてくる(つづきは[屍体愛好者の憂鬱]をどうぞ。)

 劇薬書のリストはそのうち更新する、(一部の方へ)乞うご期待。

陰毛と無毛のあいだ「芋虫」

芋虫 乱歩のアレを丸尾末広がマンガにしたやつ。濃く、エロく、成人限定。

 トシとったなぁと実感するシーンは日常に多々あるが、非日常では「白板に反応しなくなった」、これに尽きる。無毛にはぁはぁしてたのは遠い日のこと、今では茂えてないと、萌えないし燃えない。密生した箇所に、強い欲情を感じる年頃なのだ。これは、オトナになったというよりもむしろ、オヤジになったんだなぁとつくづく思う。

 マンガ化された「芋虫」で、もっとも気に入ったのは、語り手でもある妻のジャングルのようなそれ。鬱屈した情欲が、下半身に燃え上がっているように映える。さしずめ、黒い炎というべきだろう。濃い陰毛は、口でどれほど否定しても、淫蕩の証拠なのだと解釈する。いっぽう夫はすべすべとした肉塊のようで対照的なつくりとなっている。

 傷痍軍人である夫との生活感が変にリアルで、あのうだるような夏のムシ暑さがフレームを通して伝わってくる。夫は戦争で両手両足、聴覚、味覚といった五感のほとんどを失い、タイトルが示す「芋虫」のような姿となっている。醜悪な姿となった夫をいたぶることで、彼女のS心が高ぶる様は、美しく、おぞましい。原作を初めて読んだとき、醜いのはどっち、"芋虫"なのはどっちよ、とつぶやいたものだ。

 マンガ版を読んで改めて思ったところが二点。ひとつめは、夫の珍宝。砲弾とともに吹き飛ばされた……と勝手に思っていたのだが、マンガではご存命。原作を読んだとき、交合できない(けれども夫の欲望処理には応じなければならない)妻の渇きのような抑圧された心象を感じたが、記憶違いか。マンガでは旺盛かつ妖艶な合歓の姿態をみせつける。まさに「セックスは夫婦を救う」やね。「結婚は人生の墓場だ」という諦観モードの人には、「夜は墓場で運動会!」と返歌しよう。

 もうひとつは、変態プレイを求めたのが、"夫側"であること。バナナをバ○ナに差し込んでモグモグしたのをもぐもぐするなんて破廉恥な!青少年保護条例にかかりますよといいたいところだが、原作の変態主導権は、むしろ妻側にあったような。交接できない欲求不満を、ありえないプレイで満たそうとしたのは妻だったはず。もちろん夫も求めて「は」いたのだが、「これなんでしょ、これが好きなんでしょ」と応じていくうちにノリノリになって、そんな自分をぢっと見つめる純な眼にむらっときて……あの悲劇に至る、そんな話だと記憶している。

 いずれにせよ、頭の底にあった「読んではいけない本」の記憶が掻き乱されてイイ感じにしてくれる。じめっと暗くドロドロした汚猥な感じが、剥き出しでエログロな愛欲に取って代わられており、これはこれで浸れる。

 淫靡で耽美で猟奇な世界を、ご賞味あれ。
プロフィール

Dain5

Author:Dain5
スゴ本より成人向のキッツいのを。
いいのがあったらご教授を。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。